【新型コロナ陰謀論・徹底解説】武漢に生物兵器研究所を作ったのはフランスだった!2003年SARSに始まる全疑惑の謎!


下記リンク先で掲示板とチャットをやっております。よかったらご感想をよろしくお願いします。


【集中連載第5回】武漢フレンチコネクションの真相

画像は「Getty Images」より引用

 いまだ、新型コロナウイルスの発生源と感染ルートについて、その謎と疑惑が渦巻いている。

 5月18日から2日間、今年はオンラインでWHO(世界保健機関)の年次総会が開催された。そこでも、最大の焦点は世界各国が中国政府に要求している武漢ウイルス研究所への独自調査であった。

 「新型コロナウイルスはいったいどこから来たのか?」「どうしてこれほど世界中に拡散してしまったのか?」「もっと早期に対応することはできなかったのか?」、あらゆる問題の根源は初期段階から現在に至る、中国政府による情報隠蔽にある

 中国の国家主席習近平は、総会の演説で「各国の科学者がウイルスの発生源と感染拡大について研究することを支持する」と語ったが、同時にWHOの対応を絶賛している。WHOは中国寄りという批判が根強く、WHOが調査すれば、世界が納得するというものではないだろう。

 総会では、オーストラリアを始め、欧州連合EU)、インド、カナダ、ロシア、日本など、世界116ヶ国が武漢ウイルス研究所などについての独立した調査を求める決議を支持している。

 果たして、武漢ウイルス研究所に隠されたパンデミックの陰謀は暴かれることになるのだろうか?

 パンデミックの危機が叫ばれ始めたのは、2003年、中国でのSARS重症急性呼吸器症候群)の発生がきっかけだった。

 SARSの発生は、実際には2002年11月に広東省で起こっていたことがわかっているが、このときも中国政府の情報公開は大幅に遅れた。

 SARSの出現で世界中が驚かされた事件のひとつに、2003年2月21日、中国南部から香港を訪れていた医師がSARSに感染していたケースがある。彼は、家族の結婚式のために香港に来てホテルに宿泊していたが、そのホテルでクラスターを引き起こし、のちに病院に入院したが亡くなっている。この件ではホテルの他の宿泊客12人が感染し、彼らは飛行機でシンガポールハノイトロントなどに移行して感染を広めた。

 3月12日、WHOはグローバルアラートを発令したが、感染は中国南部、香港、カナダのトロント、台湾などで拡大した。とはいえ、世界的な大流行には至らず、同年7月5日、WHOはSARSの封じ込めを発表した。このとき、世界中で約8千人SARSに感染し、最終的に約900人が亡くなっている

 その後、SARSは、2004年、北京の国立ウイルス学研究所(IOV)での漏洩などで、追加の感染者を生んでいる。

 2003年SARSの苦い経験から、中国でも本格的なウイルス研究施設が求められることとなる。同年、当時の武漢市長・李憲生(Li Xiansheng)と中国科学院副院長・陳竺(Chen Zhu)との間で細菌やウイルスなどの微生物や病原体を扱P4研究施設を武漢市に建設することが決定されている。

武漢ウイルス研究所(WIV : Wuhan Institute of Virology)」は、もともと1956年に「中国科学院武漢微生物研究室」として設立され、のちに「中国科学院武漢病毒(ウイルス)研究所」として改編されたものである

 現在、世界中が注目している、P4(BSL[バイオセーフティレベル]4=最高レベルに危険な病原体を扱う防疫設備)の「中国科学院武漢国家生物安全実験室NBL : National Biosafety Laboratory)」は、正確にはウイルス研究所の付属施設として建てられたものである。そして、このP4研究施設を支援したのは、フランスであった。

 2004年10月、フランスのシラク大統領は訪中の際、この施設の建設をフランス政府が支援する協議書に調印しているシラク大統領といえば、前回の連載で、1987年、米仏間でエイズウイルス発見者について論争となった際、当時のレーガン大統領と協議して、米仏の共同発見で決着した張本人である。1999年5月、シラクはフランスのリオンに完成したばかりのP4研究施設も訪問しており、エイズをきっかけに感染症やバイオテクノロジーに大いに関心を示したことがうかがえる。

 そうは言っても、当時すでにフランスの国防国家安全保障事務総局(SGDSN)は、武漢にP4実験施設を建設することについて、将来、生物兵器に変容するのではないかと懸念を抱いていたという。

 結局、リオンのP4研究施設を手がけたバイオ関連の実業家アラン・メリューが顧問を務めることとなった。しかし、2005年、中国政府はフランスの設計会社に発注せず、一方的に自国の軍事関連企業IPPRに設計を依頼し、フランスの最先端技術やノウハウだけを奪い取る形となった。のちに、メリューも顧問を辞退している。

 予算4200万ドルを投じて作られたP4研究室は2015年1月31日に完成し、 2017年2月23日にはベルナール・カズヌーヴ首相が視察に訪れている。2018年1月5日に正式な運用が開始された。

 この新しい研究施設は、5年間でフランスからの研究者50人を受け入れる約束であったが、それが果たされることはなかった

 武漢ウイルス研究所のP4施設は、中国の研究者たちだけのものとなり、感染症と戦うため、フランスと中国が協力するという最初の目的は無視された。研究施設の設計段階から中国側が主導権を握り、過去10年間に渡る協力作業において、フランス側は幾度も約束を破棄され続ける結果となった。両国は契約を結んでいたが、その約束を実行させるための手段は何もなかったのだ。

 フランスのジャーナリスト、アントワーヌ・イザンバール(Antoine Izambard)は、昨年10月に出版した『France Chine, les liaisons dangereuses(フランスと中国の危険な関係)』のなかで、武漢ウイルス研究所のP4施設は、フランスのリヨンにあるP4施設とそっくりだったと書いている

 フランスの諜報機関も、武漢のP4施設が生物兵器開発に流用されることを恐れていたが、実際にどんな研究が行われているのかはまったくわからなかった。

 そんな危険な研究施設に、米国ではオバマ政権下の2014年から、毎年370万ドルの資金援助が行われてきたことも前回報告した。まさにそのキーパーソンが、現在、アメリカ政府の感染症対策タスクフォースのトップを務めるアンソニー・ファウチなのだ。

アンソニー・ファウチ。画像は「USA Today」より引用

 この研究費は、具体的には「コウモリ女」の異名をとる石正麗(Shi Zhengli)に提供され、さらに2018年からはコロナウイルスの機能獲得研究に使われていたと言われる。機能獲得研究とは、洞窟のコウモリから採取したコロナウイルスフェレットに注射し、ウイルスの変異を意図的に繰り返すことで哺乳類(ヒト)に異種間感染するかどうかを確かめる、危険極まりないものであった。

石正麗。画像は「South China Morning Post」より引用

 さらに、2006年、石正麗は同僚の周鵬(Zhou Peng)オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の管轄下にあるオーストラリア疾病予防センター(ACDP)で3カ月間、コウモリの研究を行っていた。また、周鵬は、2011~14年まで同じくACDPで研究を行い、博士号を取得した。オーストラリア政府と中国当局が、2人の研究資金を支援しており、その詳細は、諜報機関ファイブアイズが現在調査中であることが報道されている。

 それに加えて、2019年7月5日、ウイルス学者・邱香果(Xiangguo Qiu)とその夫、および留学生1名が、カナダの国立微生物研究所(NML)から連行される事件が起こっている。彼らは、研究所からエボラウイルス、ヘニパウイルスなどを盗み出し、一般の航空便で中国・北京市宛に送付しようとした。このウイルスサンプルが北京経由で武漢ウイルス研究所に送られる予定であったことは疑う余地はない。

 邱香果は、中国籍だが96年からアメリカに留学、翌年にカナダに移り、のちに国立微生物研究所に勤務となり、地元医大の教授も兼任した。そればかりか、研究所の同僚であるゲイリー・コビンジャーと共同でエボラ出血熱の治療薬ZMappを開発し、2018年にカナダ総督技術革新賞(GGIA)を受賞している。ウイルス学者として世界的にも知られるようになった彼女がなぜ、ウイルスを無断で研究所から持ち出し、中国に密輸しようとしたのだろうか? 何を企てていたというのか? 誰かに命令されていたのか? 

 ここで、話をフランスに戻そう。去る4月17日、フランスのニュースチャンネルCNEWSに出演したノーベル賞科学者リュック・モンタニエが、新型コロナウイルスは人工ウイルスで研究所から漏洩したと断言し、大きなニュースとなった。

 エイズウイルスの発見者としてノーベル賞を受賞したモンタニエの発言は、日本でも話題となったが、同時に、彼は近年ホメオパシーなどの疑似科学に傾倒するトンデモおじさんであるという批判も多くあった。2014年の彼のドキュメンタリー『Water Memory』を観ると、科学の専門家でなくとも、かなり危うい研究に関わっていることはわかる。

 それでも、彼が得体の知れない治療法の探求にのめり込むのは、ワクチンによる予防や治療に強く反対しているからでもある。

エイズウイルスはただ発見しただけ、次の研究ではその仕組みを解明したいんだ

 ドキュメンタリーのなかで、モンタニエはそう語っている。彼はノーベル賞科学者として、世界各国の研究機関や製薬会社などで、過酷なワクチン開発競争や利権の奪い合いが繰り広げられている現場も多く見てきたことだろう。

 そう考えると、モンタニエの発言は、フランスが武漢にP4研究施設を作ってしまったことに対する勇気ある警告のようにも思えるのだ

 今回のパンデミックが終息すれば、それで終わりというものでもない。このパンデミックが意図したものでなかったとしても、世界のどこかで危険なウイルス研究が行われていることが事実であり、さらに次々に現れる感染症の恐怖を過剰に吹聴してまわる億万長者がいたりするのだ。その上、僕らはこれからもどこかで未知の病原体と遭遇してしまう危険性すら孕んでる。

 もう後戻りはできない。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ!