【衝撃】米国防省はUFOだけではなく“UMA・幽霊・オーブ”も調査していた! 超常現象研究の数々と悪魔の存在とは?


下記リンク先で掲示板とチャットをやっております。よかったらご感想をよろしくお願いします。


 先日、米国防総省はついにUFOを調査していたことを公式に認めた。いわゆる“公然の秘密”ではあったものの、UFO業界にとってこのニュースインパクトは大きかったことだろう。だが、ペンタゴンがまだまだ多くの情報隠蔽しているの。UFOだけでなく、幽霊やUMAといった超常現象も調査していたという疑惑もあるのだ。

イメージ画像は「Getty Images」より引用

ペンタゴンはあらゆる超常現象を調査していた

 ペンタゴンは2007~12年まで、2200万ドルもの予算をつぎ込んだ極秘プログラムAATIP(Advanced Aviation Threat Identification Program)」を行っていたことが判明している。2017年にこのプログラムの存在が明らかになって以来、一般的にはUFOと地球外生命の調査計画とされているが、ペンタゴンの“調査範囲”はもっと広かったという証言がある。

 ニュースサイト「Den of Geek」(5月15日付)によると、AATIPとは計画のうちUFO部門の呼び名に過ぎず、計画全体では「奇妙な動物、ポルターガイスト、目に見えない存在、光のオーブ、動物と人間の負傷など」が幅広く調査の対象とされていた。つまり、UMAや幽霊、キャトルミューティレーションなどの超常現象である

 AATIPを暴露したのは元米国防総省職員のルイ・エリゾンド氏らであるが、エリゾンド氏はUFO部門のみを担当していたため、他の部門については知らなかったようだという。また、プログラムの終了時点ではUFO部門しか残っていなかったそうだ。

■AAWSAPとロバート・ビゲロー

 超常現象の調査は「先進航空兵器システム応用プログラム(Advanced Aerospace Weapons System、AAWSAP)」と呼ばれていた。この計画について暴露した米国ジャーナリストのジョージ・ナップ氏によると、AAWSAPには、米国の大富豪で実業ロバート・ビゲロー氏が関わっていた。ビゲロー氏はNASAに多額の資金援助をしており、テレビ番組でエイリアンの実在を暴露したことでも知られる大物である。

イメージ画像は「Getty Images」より引用

 このプログラムで調査の対象となったのは、米ユタ州にあるスキンウォーカー牧場であった。スキンウォーカーとはナバホ族の伝承に語られる魔物のことで、この牧場は古くから様々な怪奇現象が起こることで知られていた。例えば、巨大な狼のような奇妙な生物や、森の中に消える光る玉などが目撃されている。

 ビゲロー氏はライバルに先駆けて牧場を調べるために政府関係者らに声を掛け、興味を持ったペンタゴンや米国防情報局から委託を受ける形で、自らが設立した会社で調査を行ったのだ。スキンウォーカー牧場で行われた研究の一部については、過去にトカナでも取り上げている。

 なお、「Den of Geek」の記事によると、UFO以外の部門が閉鎖された理由は 魔」だったそうだ。政府上層部のキリスト教原理主義者らは、超常現象の原因が悪魔にあると真剣に考え、恐れていたのだという。

 ペンタゴンがUFOだけでなく、幅広く超常現象を調査しているのは間違いないようだ。UFOだけでなくこちらについても認めて、その情報を一日も早く公開していただきたいものだ。