【速報】米軍が「UFOの特許」を取得していたことが発覚! TR3Bにそっくり、機体の周囲を真空に…地球製UFOの存在確定!


下記リンク先で掲示板とチャットをやっております。よかったらご感想をよろしくお願いします。


画像は「Metro」より引用

 

 今年に入り、空軍が取得した特許の1つにUFOそっくりの航空機があることが判明し、大きな話題になっている。かねてより米軍が所有すると噂されてきた極秘戦闘機TR-3Bはやはり実在したのだろうか?

 今までに知られている情報では、TR-3BはUFO技術を使い、反重力推進装置で浮遊・飛行し大気圏外も飛行できるとされている。かつて“エリア51”に墜落したUFOを詳しく解析し、リバースエンジニアリング技術によって機体が開発されたとも。つまり、地球外文明の技術を周到に模倣して造られた機体なのである。

 これまで噂に過ぎながったTR-3Bの存在だが、米国は本気でその開発に乗り出していたようだ。英紙「Metro」(4月18日づけ)によると、米空軍はTR-3Bそっくりの三角形型戦闘機の特許を取得したという。

画像は「Metro」より引用

 

 同機には、自ら重力波を発生させ、慣性力を抑える機能や、機体の溝に満たされたガスを振動させることで強力な電磁波を生み出す機能が備え付けられており、しかも、こうした機能により機体の周囲を真空にすることができるため、空中のみならず海中でも、宇宙空間でも自由に行き来できるというのだ

ハイブリッド・エアロスペース/アンダーシー・クラフト(HAUC)は、慣性質量を減少することでハイスピードで海中を航行することが可能な上、ステルス機能も兼ね備えています」(米海軍が取得した特許)

一昨年にその存在が明らかになった米軍の極秘プログラム「先進的航空脅威識別プログラム(Advanced Aviation Threat Identification Program、AATIP)」には、米空母「ニミッツ」が遭遇したUFOの記録も含まれていたが、英国国防省でUFOや未解決事件を担当し「イギリスのモルダー(ドラマX-ファイル』の捜査官)」の異名をもつUFO研究ニック・ポープ氏によると、その時のUFOと今回の空軍が特許を取得した戦闘機には類似点があるという。

「空中と海中を飛行できるハイブリッドクラフトという意味では、ニミッツが2004年に遭遇したUFOと奇妙な類似を見せています。ニミッツ事件と今回の特許の関係は興味深いものです。そして両者を結びつけているのが米空軍だというのも興味をそそられます」(ポープ氏)

画像は「Metro」より引用

 

 そしてAATIPも今回の特許と深い繋がりがあるとポープ氏は見ているようだ。

AATIPは反重力装置、透明マント、ワープドライブワームホールなどがメディアに注目されましたが、キーポイントは多くの研究がエキゾチックな推進システムについてだということです。ただ速いだけではなく、惑星間飛行を可能にするような技術です。もしかしたら、今回の特許は人類を他惑星に連れていくための最初のステップなのかもしれません」(ポープ氏)

 すでにその技術が開発されているかはポープ氏も分からないとのことだ。というのも、もし実際に特許に書かれている戦闘機が存在するとしたら、超極秘扱いになるからだという。

 一体、米国はどんな秘密を握っているのだろうか? 今後の有力情報に期待したい。