2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?


下記リンク先で掲示板とチャットをやっております。よかったらご感想をよろしくお願いします。


 インターネットの発展と共に、いろいろな年代の未来人が現代にアクセスしてきている。ネット掲示板にアクセスしたり、YouTubeに動画を投稿したりと、未来人の表現方法も多様化してきた。多くの未来人が降臨している昨今は、さしずめ未来人のバブル期と言えそうだ。そうした中、以前筆者はネット掲示板に降臨した未来人「2075年から来たおじいちゃんの予言」を紹介させていただいたが、老人の未来人は彼だけにとどまらないのだ。

2075年から来たおじいちゃんの予言!東京オリンピック失敗、秋葉原の消失、第三次世界大戦勃発!?

  今回はそうした老人系未来人の1人である2047年からきたジジイの予言を予言研究家である白神じゅりこの考察も踏まえてご紹介したい。
 

2047年から来たジジイとは?

2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?の画像1
画像は「getty images」より引用

 2047年からきたジジイが2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のオカルト板に降臨したのは2015年3月17日のこと。「未来人さんいらっしゃい49人目」スレッドに書き込んだのが初出だ。そして、その後は同年5月31日まで「未来から来たジジイさんと語るスレッド★5」において、多くの未来予言を書き残し去っていった。

 彼によると、2047年の時点で齢70の老人だったジジイは眠っている間にタイムリープし、気が付くと2015年に来てしまったという。年齢も38歳に若返った。

 未来人が現代に来る方法として、タイムマシンに乗って肉体だけ移動するものと、ジジイのように意識だけが移動するタイムリープがある。タイムリープは最近の未来人の流行ともいえるだろう。

 ジジイは、昭和52年生まれの38歳。もっともこれは2015年時点の年齢なので、現在のジジイは42か43歳だろう。意識は70歳の老人だが、肉体は38歳なので、2015年時点では若い奥さんと充実した性生活を楽しんでいた。

 若返ったジジイの家族構成は妻と娘と息子の4人暮らし。2045年の70歳の時点では妻と2人暮らし。息子は他界し、娘は嫁いでおり、孫もいる。

 ボンボン育ちでガンプラサッカーを愛する少年だったという。青春時代はTMネットワークに憧れてバンド活動に明け暮れていた。これらの趣味趣向から考察すると、その世代の流行りを踏襲して育った典型的な昭和50年代男と見て良いだろう。ちなみに70歳の時にはガソリンカー同好会に入っていたらしい。2045年は、電気自動車が主流だが、ガソリンカーがリバイバルしているそうだ。

 ジジイは未来に関する予言をいくつか残しているが、筆者が気になったものをいくつかピックアップしてみよう。

 

■オリンピック前に巨大地震が日本を襲う!?

 ジジイは、2020年のオリンピック前に、東海沖を震源とするマグニチュード8.5の巨大地震が起きる」予言している。

 静岡県三重県の被害が1番大きく、首都圏もそれなりに被害を被るという。不幸中の幸いか原発事故は起こらない。東日本大震災ほどの死傷者は出ず、1000人~2000人だという、この頃から「オリンピックを強行したい政府が被害者を少なく発表している」というような余計なニュースばかりが目立つようになった。報道がアテにならなくなり、国さえもアテにならなくなり、正確なことはわからなくなったという。

2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?の画像2
画像は「getty images」より引用

 長く揺れが続いたため、瞬間的な地震を想定した耐震構造の住宅は被害を受けた。ジジイも住宅が倒壊の危機に遭ったため、埼玉の奥地にある一軒家を公的に斡旋されたという。震災からの復興は早く首都圏のライフラインは3日で復旧。しかし、鉄道や道路でしばらく不通状態が続いた。

 ジジイによれば、前兆として2日前に余震、当日は午前中に余震、夕方に揺れるという。防災用品として有効なものは、防寒具、水を汲む道具、ヘルメット、自転車だとアドバイスしている。実はジジイは「2018年12月9日の日曜日に地震が起きる」と予言していたが、これは外れた。

 しかし、ジジイが生きていた世界と、我々が生きている世界とでは微妙に世界線がずれていると、私は感じている。というのも、ジジイがリアルタイムで生きていた時の2015年ではガラケーが主流だったが、2047年からタイムリープして2015年に来た時はスマホが主流になっていると語っていたからだ。

 またジジイ自身もパラレルワードルの存在を肯定している。大きなポイントでの出来事は変わらないが、それ以外の点で微妙な違いがあるという。私の考察では、オリンピック前に巨大地震が起きるという点では大枠で変わらない。2020年に東京オリンピック開催を考えると、2019年は巨大地震に要警戒と言えるだろう

 今月17日、鹿児島屋久島町口永良部島の新岳が噴火した。地下活動の活発化は巨大地震の前触れだろうか? ちなみにジジイによれば富士山噴火はない。

 

東京オリンピック強行が第三次世界大戦の引き金に!?

 今月フランスの司法当局が汚職疑惑で日本オリンピック委員会JOC竹田恒和会長の訴追手続きを取っているというニュースが話題となった。

 今回の件に限らず、東京オリンピックは開催前から災難続きだ。新国立競技場の建設計画の白紙撤回、エンブレムの盗作問題などなどゴタゴタ続きで呪われており、開催が危ぶまれてきた。
 
 ジジイによれば大地震の後、東京オリンピックの開催には不安があったが、IOC米国に恫喝にも似た圧力をかけられ、韓国との共催で強行されたそうだ。

 一部の国のボイコットや反対運動もあったらしいが、とりあえず無事に閉会式を迎えたという。

 ……ところが、反対運動の首謀者が北朝鮮であることが発覚。北朝鮮に対する国際的非難が高まり、それに激怒した北朝鮮が2021年にミサイルを発射。朝鮮危機が勃発し、アメリカ、韓国、そして自衛隊が報復攻撃に出る。一方の北朝鮮は裏でロシアと中国の支援を受け応戦した

2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?の画像3
画像は「getty images」より引用

 この戦争は2024年にいったん収束するも、暴走した中国軍のせいで再勃発。この時、日本は自衛隊国防軍に昇格して対応する。そして、2029年にロシアとインドが介入しようやく終戦を迎えるという。終戦後、中国はロシアとインドに、朝鮮半島はロシアに、台湾は日本の統治下に置かれる。ついでに北方領土は正式にロシアの領土に……。

 ちなみに2075年からやって来た軍人タイムトラベラーは「2019年3月に北朝鮮が核攻撃、第三次世界大戦へ」と予言している。2047年から来たジジイとは世界線が違うためなのか時期はずれているものの、北朝鮮による攻撃が第三次世界大戦の引き金になるという点は同じだ。ということで、今年か来年の春ぐらいまでは第三次世界大戦の勃発を危惧する必要があるだろう


■新元号は? そして次の天皇は?

 天皇陛下の譲位が迫り、まもなく平成の世が終わろうとしている。新たな元号に国民の注目が集まっている。

 平成の次の元号についてジジイはこう答えている。

「一文字伏せでいいですかね。 ○星  初の女…… おっと、これ以上は無理w」

 後にジジイは伏字部分に「旺」の字が入ると漏らしていることから、新元号「旺星」となる。火星移住計画や月のニュースが話題になるなど、宇宙に意識が向いている我々にとって「星」がつくのは妥当かもしれない。

「初の女……」ということは、ジジイは初の女系天皇が誕生すると言いたかったのだろうか。とすれば、愛子さまが次期天皇に即位されるのだろうか? しかし、元号女性天皇もジジイが時期を後で濁していることもあり、次ではなく、次の次の代で起こる可能性も考えられる

 

2047年の暮らし 坂本龍馬が1万円札

 ジジイが語った2047年の暮らしについて紹介しよう。

 オリンピック後は不況に陥り、消費税は13.8%まで引き上げられる。年金受給は75歳からとなるが、老年になっても年相応の仕事はあるらしい。終身雇用は破綻し、アルバイト的な雇用形態が主流になる。複数の職場を掛け持ちする人もすくなくない。ひとつでも特技があれば仕事に就ける。学歴よりも個人の色が尊重される時代。

2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?の画像4
画像は「getty images」より引用

 戦後は預金封鎖もなく経済的な混乱はない。安倍首相は小泉政権よりも長期政権となり、首都機能は埼玉、千葉、群馬に分散される。1万円札が坂本龍馬になり、千円札が高杉晋作になっているエネルギーに関する画期的な発明が日本でなされたため、原発が不要になり、2045年には原発問題は解決する

 医療は飛躍的な進歩を遂げ、ガンは手術せずに治るようになる。視力も1週間の通院で0.1から1.2まで回復。虫歯は削って詰め物をするが、その詰め物が歯と完全に同化して元通りとなる。ハゲも高額だが治療法は確立されるという

 
■ジジイがタイムリープした悲しい理由

 ジジイはなぜ、現代にタイムリープしてしまったのか? 実はジジイには悲しい背景があった。

 ジジイの息子は、震災で救援活動を行っている自衛隊に憧れて、志願して自衛隊に入隊したという。そして、第三次世界大戦が勃発した時、洋上警戒中に武装した漁船に襲われて戦死した。ジジイ夫妻は息子の死をたいそう悲しんだ。ジジイの嫁は、悲しみのあまり、心療内科に通うほど心を病んでしまったという。やがて、ジジイ夫妻は「息子を死から救うために過去を変えたい」と思いつめるようになった。そして、ジジイの嫁がイニシアチブを取り、ジジイ夫婦は現代にタイムリープしたのだという。ジジイはすでにネット上から姿を消したが、今も埼玉のどこかで自分の人生を生き直していることだろう。