日本終戦、強豪ベルギーに逆転負け 16強の壁越えられず

◇W杯決勝トーナメント1回戦 日本2―3ベルギー(2018年7月2日 ロストフナドヌー)

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、決勝トーナメント1回戦が行われ、日本(FIFAランク61位)が強豪ベルギー(同3位)と対戦。2―3で敗れ、史上初の8強進出はならなかった。

 02年日韓大会、10年南アフリカ大会に続き“16強の壁”を越えることができなかった。

【日本代表の過去の決勝トーナメント1回戦】

 ▽02年日韓大会 H組1位で1次リーグを突破した日本は、C組2位のトルコと対戦。トルシエ監督は1次リーグの3試合で先発させたFW柳沢とFW鈴木の2トップを変更。1トップにFW西沢を大会で初めて起用し、少し後ろにMF三都主を置いた。だが、新布陣は機能せずに前半12分にCKから失点。後半開始から鈴木とMF市川を投入したが、相手守備網を崩せないまま0―1で敗れた。

 ▽10年南アフリカ大会 E組2位で1次リーグを突破した日本は、F組1位のパラグアイと対戦。MF松井が前半22分にクロスバー直撃のシュートを放つなど決定機はつくったが、パラグアイの堅い守りを崩しきれず0―0のまま前後半90分間を終了。延長戦でも決着せずPK戦に突入。5人全員が決めたパラグアイに対し、日本は3人目のDF駒野が外して3―5で敗れた。