【気象庁】東京では、もう「桜」が満開…平年より「10日」も早く

f:id:dream-kb:20180328132822j:plain

24日は全国的におおむね晴れて暖かい一日となり、気象庁は、東京で桜が満開になったと発表しました。

気象庁によりますと、24日は全国的に高気圧に覆われおおむね晴れて穏やかな天気となり、東京の都心では日中の最高気温が16度8分まで上がり、4月上旬並みの陽気となりました。

気象庁24日午前、東京で桜が満開になったと発表しました。

気象庁によりますと、平年に比べて10日、去年よりも9日早く、昭和28年に統計を取り始めてからでは3番目に早い満開だということです。

また、ソメイヨシノでは、今月19日に満開になった高知市に次いで2番目に早い満開だということです。

東京・新宿区では神田川沿いに植えられたソメイヨシノなどが見頃を迎え、訪れた人たちは、花を眺めたり記念撮影をしたりして楽しんでいました。

訪れた女性は「こんなに早く桜の満開を見られるとは思いませんでした。来てよかったです」と話していました。

気象庁によりますと、25日は、気圧の谷の影響を受ける北海道や東北を除いて全国的におおむね晴れる見通しで、日中の最高気温も平年並みか平年より高くなると予想されています