「Windows 10」稼働端末、ようやく6億台超

 米Microsoftの「Windows 10」の月間稼働端末が6億台を超えた。同社のサティア・ナデラCEOが11月30日(現地時間)、年次株主総会で発表した。

 同OSの稼働台数が5億台を超えたのは今年の5月だった。1億増に半年かかったことになる。

 Microsoftによる月間稼働端末には、PCだけでなく、タブレットスマートフォンXbox One、HoloLens、Surface Hubも含まれる。

 Microsoftは2015年、2~3年中にWindows 10の月間稼働端末を10億台にするという目標を掲げたが、2016年には2018年中も無理かもしれないと認めている。