岡山・水島港でもヒアリ200匹、女王アリ2匹も見つかる

環境省は、岡山倉敷市にある水島港で、強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」が200匹以上確認されたと発表しました。
 羽のある女王アリも2匹含まれていたということです。今月6日、中国などからのコンテナが集まるコンテナヤードのアスファルトの中で見つかったということで、全て殺処分されました。

 環境省などは、他にもヒアリがいないか、さらに調査するとしています。