西武・おかわりが通算350号!「また打てるように頑張ります」

 西武・中村剛也内野手(33)が19日、ソフトバンク15回戦(北九州)の四回一死一塁で、バックスクリーン右横に20号2ランを放った。この一打で史上30人目となる通算350号本塁打を達成。記念のボードを手渡され、照れくさそうに掲げた。

 史上7位となる1394試合目でのスピード到達となったが「350号という記録については、特に意識はありませんでした。また打てるように頑張ります」と、いつも通り、淡々とコメント。

 プロ16年目の33歳は今月に入り、14試合で6本塁打と量産モードに突入。これまで規定打席に達した過去6シーズン、すべてで本塁打王を獲得しており、節目の一打でリーグトップの柳田(ソフトバンク)に3本差に迫った。