障害者施設の送迎車内で男性死亡 降ろし忘れで熱中症か

 13日午後3時25分ごろ、埼玉県上尾市戸崎の障害福祉サービス事業所「コスモス・アース」の女性職員から、男性が送迎用のワゴン車の中で倒れていると、119番通報があった。県消防防災課などによると、倒れていたのは、この施設を利用する同市の男性(19)で、心肺停止状態で病院に運ばれ、まもなく死亡が確認された。熱中症とみられる。

 同課などによると、男性は午前9時ごろにワゴン車で事業所に来たといい、車内に3列ある座席の最後列の右側に座っていた。その後、発見までの6時間以上、車中にいたとみられ、施設は「降りたのかわからなかった」と説明しているという。消防は、事業所側がワゴン車が到着した際に男性を降ろすのを忘れた可能性があるとみている。発見時には体温が約41度あったという。

 県によると、事業所は軽作業などで障害者の自立を促す生活介護施設として2014年に開設。運営するNPO法人さいたま市)の職員は、朝日新聞の取材に「事故があったと報告はあったが、詳細は把握していない」と話した。

 県警上尾署は職員に事情を聴くとともに、司法解剖して死因を調べる。

 上尾市に隣接するさいたま市では、この日の最高気温が33・1度だった。