サッカーW杯予選 日本に完封負けのタイ指揮官「われわれはPKも決められなかった」

サッカー男子Wカップアジア最終予選

             日本 VS タイ

               4  VS 0

 

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選第7戦は28日、各地で行われ、6大会連続の本大会出場を狙うB組の日本は埼玉スタジアムタイに4-0で快勝した。3連勝で勝ち点を16に伸ばし、W杯出場圏内の2位以上を保った。

 日本は前半に香川(ドルトムント)が先制し、岡崎(レスター)の史上3人目となる代表通算50ゴールで追加点。後半は久保(ヘント)らが加点した。

GK川島(メッス)がPKを止め、無失点でしのいだ。

 B組はオーストラリアがホームでアラブ首長国連邦(UAE)に2-0で勝って勝ち点13とした。第6戦まで同13のサウジアラビアは29日未明に5位のイラクと当たる。

 日本は6月13日に第8戦でイラクと対戦する。

 

キャティサック・タイ代表監督の話「日本はパスとシュートの精度が高く、チャンスを確実にものにした。われわれは後半に良くなったが、PKも決められなかった。いい勉強と経験になった」