読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年度迎え、家計にさまざまな変化

新年度迎え、家計にさまざまな変化 (ホウドウキョク) - Yahoo!ニュース

新年度を迎え、家計に関わるさまざまな変化が起きている。
日清オイリオグループは、円安や原料高を受けて、家庭用の食用油などを1kgあたり20円以上値上げした。
また、電力大手10社は、原油LNG(液化天然ガス)の価格が上昇したため、月額料金を78~169円引き上げる
老後の暮らしを支える年金をめぐっては、現役世代が支払う国民年金保険料が、月額1万6,490円と、230円引き上げられる一方、2016年に物価が下がった影響で、支給額は0.1%引き下げられ3年ぶりの減少となる。
一方で、都市ガスの小売り全面自由化がスタートする。
関西、中部、九州などの大手電力会社を中心に12社が参入し、ガス会社を各家庭で自由に選べるようになるとともに、電力販売とのセット割などで、料金で安くなることが期待される。

 

 

人工知能は「記憶」を手に入れた。複数のゲームを連続でプレイできるようになった!

人工知能は「記憶」を手に入れた。複数のゲームを連続でプレイできるようになった!

 

従来のニューラルネットワークは、新しいことを学習するたびに記憶が上書きされ、それまで学習した情報を失うという欠点があった。DeepMindはこの欠点を克服し、複数のゲームを連続でプレイできるシステムを開発した。多くのことを記憶するための「学び方」のコツとは?

人工知能やロボットには奪われない「8つの職業」

グーグル傘下のDeepMind(ディープマインド)による機械学習システムが、ヴィデオゲーム「アタリ」をプレイする方法を学習して一躍脚光を浴びたのは、2014年のことだった。このシステムはゲームに勝ち、人間より高いスコアを獲得することに成功した[日本語版記事]。だが実は、システムは学んだことを記憶していたわけではなかった

当時のシステムでは、違うゲームを始めるたびに新しいニューラルネットワークをつくらなければならなかった。同一のシステムが、たとえば「スペースインヴェーダー」と「ブロック崩し」を続けてプレイすることはできなかったのだ。

しかしこのほど、ニューラルネットワークが自分の学習した情報を記憶し、再利用できるようにするアルゴリズムを、ディープマインドとインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者が開発した。

「これまでのシステムは、ゲームをプレイする方法を学ぶことはできましたが、1つのゲームしか学習できませんでした」と、ディープマインドの研究者で、論文の筆頭著者であるジェイムズ・カークパトリックは説明する。「われわれがこの論文で説明しているのは、複数のゲームを連続でプレイできるシステムです」

『Proceedings of the National Academy of Sciences』(PNAS)誌に3月13日付けで発表されたこの論文によれば、ディープマインドのAIシステムは、機械学習の一種である「教師あり学習」と「強化学習」のロジックを用いることで、追加学習(sequential learning)が可能になったという。ディープマインドは、ブログでもこの点について説明している。

カークパトリックによると、ニューラルネットワークとAIが抱えている「大きな欠点」は、あるタスクで学習したことを次のタスクに引き継げないことだ。研究チームは論文のなかで、「複数のタスクを忘れることなく順番に学習できる能力は、生物学的な知能と人工知能の核となる要素だ」と述べている。

ゆっくり学べ、たくさん記憶しろ

AIシステムに記憶する能力をもたせるために、ディープマインドの研究者は「Elastic Weight Consolidation」(EWC)と呼ばれるアルゴリズムを開発した。カークパトリックの説明によれば、このアルゴリズムは、ゲームをうまくプレイするうえで学んだ内容から取捨選択し、最も役に立つ内容を保持するという。「われわれのアプローチでは、何を学習するかをタスクの重要性に基づいて選択し、学習するペースを落とすことによって古いタスクを記憶できるようにしている」と論文では説明されている。

「われわれは、(学習するゲームを変更していくときに)AIが非常にゆっくりとしたペースで学べるようにしました」とカークパトリックは言う。「こうすることで、新しいタスクを学習しつつ、かつ以前の学習内容に上書きされることがなくなるのです」

このアルゴリズムをテストするためにディープマインドが使用したのが、「deep Q-Network」(DQN)と呼ばれるディープニューラルネットワークだ。このDQNは、以前にアタリで勝利を収めたときにも使われていたが、今回はEWCアルゴリズムによって“強化”されていた。

人工知能は「記憶」を手に入れた。複数のゲームを連続でプレイできるようになった!

ディープマインドは、このアルゴリズムニューラルネットワークのテストを、ランダムに選択した10パターンのアタリで行った。これらのゲームはすべて、このAIが人間と同じくらいうまくプレイできることがすでにわかっていたものだ。そして、DQNが1つのゲームを2,000万回プレイしたら、自動的に次のゲームに移るようにした。

「以前なら、DQNはゲームごとにプレイする方法を学ばなければならなかった」と論文には書かれている。「それに対し、EWCで強化されたDQNエージェントは、記憶を保持したまま多くのゲームを学習することができた

ただし、決してこのシステムが完全というわけではない。たしかに、システムは過去の経験から学習し、最も役に立つ情報を記憶できるようになった。だが、ニューラルネットワークがひとつのゲームのみをプレイしているときと同じくらいうまくプレイすることはできなかった。

「現時点では、AIが追加学習できることは証明しましたが、その学習効率を高めることはできませんでした」とカークパトリックは言う。「われわれの次のステップは、追加学習を利用して現実世界のことを学習させ、その効率を高めることです」

 

 

 

3Dプリンターでこんな武器まで。アメリカ陸軍が開発した3Dプリントグレネードランチャー

3Dプリンターでこんな武器まで。アメリカ陸軍が開発した3Dプリントグレネードランチャー (ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース

3Dプリントで作れない武器はもうないのかも...。

2013年に世界初の3Dプリント銃が作られて以来、3Dプリンターと設計図さえあれば誰でも銃を作れてしまう時代が来ました。銃大国アメリカでは、すでに様々な銃機器が3Dプリンターで作られており、簡単に銃が製造できてしまうのは問題だと、設計図の配布が規制されるなどの対策も取られています。一方で言論の自由に反するとして抗議の声があがるなど、未だに物議を醸す分野であることは間違いありません。ただ、新たな武器製造手段として優れているのも事実。ついにアメリカ陸軍も3Dプリント銃の可能性に注目し、新たな3Dプリント武器を開発しました。

 

ソニー、性能強化で4Kに対応した「PlayStation 4 Pro」発売 - 税別44,980円

PS4 Proが4K再生に対応、PS VRも4Kで楽しめる

ソニーインタラクティブエンタテインメント(SIE)は3月28日、PlayStation 4メディアプレーヤーアプリをVer.3.00にアップデートし、PlayStation4 Proで4K動画の再生を可能にしたと発表した。

今回のアップデートにより、PlayStation4 ProでUSBメモリやホームサーバーに保存されたMP4形式の4K動画を再生できるようになった。ホームサーバーは、メディアプレーヤーの選択先として、アプリ上で自動表示される。また、PlayStation4 Proと「PlayStation VR」を組み合わせれば、4Kの360度映像を楽しめる。

アップルがiOS 10.3公開、ファイルシステムを切り替え

 米Apple(アップル)は現地時間2017年3月27日、モバイルプラットフォームの最新アップデート「iOS 10.3」の正式版をリリースした。複数の脆弱性を修正したほか、ワイヤレスヘッドホン「AirPods」を探す機能などを追加した。

 

 iOS 10.3により、「Find My iPhoneiPhoneを探す)」機能を使用してAirPodsの所在地を確認できる。

サッカーW杯予選 日本に完封負けのタイ指揮官「われわれはPKも決められなかった」

サッカー男子Wカップアジア最終予選

             日本 VS タイ

               4  VS 0

 

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選第7戦は28日、各地で行われ、6大会連続の本大会出場を狙うB組の日本は埼玉スタジアムタイに4-0で快勝した。3連勝で勝ち点を16に伸ばし、W杯出場圏内の2位以上を保った。

 日本は前半に香川(ドルトムント)が先制し、岡崎(レスター)の史上3人目となる代表通算50ゴールで追加点。後半は久保(ヘント)らが加点した。

GK川島(メッス)がPKを止め、無失点でしのいだ。

 B組はオーストラリアがホームでアラブ首長国連邦(UAE)に2-0で勝って勝ち点13とした。第6戦まで同13のサウジアラビアは29日未明に5位のイラクと当たる。

 日本は6月13日に第8戦でイラクと対戦する。

 

キャティサック・タイ代表監督の話「日本はパスとシュートの精度が高く、チャンスを確実にものにした。われわれは後半に良くなったが、PKも決められなかった。いい勉強と経験になった」

八角理事長「語り継がれる逆転優勝」稀勢の里を絶賛

<大相撲春場所>◇千秋楽◇26日◇エディオンアリーナ大阪

 後世にまで残る一番で連続優勝を果たした横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)の相撲に、協会関係者も賛辞を惜しまなかった。

 役員室で見届けた協会トップの八角理事長(53=元横綱北勝海)は、優勝決定戦で勝負が決まった後、開口一番で「今後、語り継がれる逆転優勝だ」とテレビ画面にくぎ付けになった。もろ差しを許しながらの逆転勝ちに「最後まであきらめないことが大切だということ。稀勢の里は本当に大したもんだね。きのう、おとといのことを考えたら、こんなことが起こるとは」と話し、敗者にも「右足が送れなかった。やりづらかったと思うけど、照ノ富士もよくやったと思う」と労をねぎらった。

 6月に65歳の定年を迎え、審判部も春場所が最後の友綱副部長(64=元関脇魁輝)は、この歴史的一番を幕内後半戦の審判長として土俵下から見届けた。「自分にとって最後の最後に、こんな相撲を見られるなんて、審判をやってきて良かった」と巡り合わせに感謝。「稀勢の里に勝てる要素はなかったのにビックリした。体勢は良くなかったけど、動き続けた分、照ノ富士はついて行けなかった。決定戦もうまく逃げ回るようにして、最後は(ケガをしていなくて)使える手の方に回った」と逆転の投げを打ったシーンを述懐した。

 2場所連続で稀勢の里に優勝旗を渡した二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)も「みんな泣いていた。本人は特に(目が)真っ赤だった。感動的だったよね。(お客さんも)2番勝つとは思わなかったんじゃないの」と間近で号泣した新横綱の姿に驚いた様子。稀勢の里横綱昇進には「2場所連続優勝、もしくはそれに準ずる成績」という横綱審議委員会(横審)の内規に満たないなど、多少の物議はあった。審判部のトップとして自信をもって推薦しただけに「これで納得でしょう」と笑みを浮かべて話した。