Photo by iStock

写真拡大

妄想や幻覚ではない

「末期がんに苦しんでいた60代の女性患者さんが、突然『先生、息子が迎えに来たんですよ』と言うんです。

その方の息子さんは、幼い時に事故で亡くなっていると知っていたので『本当ですか?』と尋ねると、『そう、成長した姿で迎えに来てくれたわ』と嬉しそうに話すんですね。この方は、それから1週間後に亡くなられました」

死の直前、目の前に亡くなった人や大切な人が現れる「お迎え現象」について実例をもとに説明するのは、湘南ホスピタルの奥野滋子医師だ。奥野氏は、これまで3000人を看取った際に、何度もお迎え現象を目の当たりにしてきたという。

実際、この不思議な体験をした人は少なくない。仙台市で緩和ケアを行っていた岡部健医師(故人)が、看取りを行った家族に実施した聞き取り調査では、366人中、実に42.3%の家族が「故人が亡くなる際、お迎えがあった」と答えている。

お迎えがあった場合、その1週間後に亡くなるという人が多いが、反対に時間がかかることもある。ふじ内科クリニックの内藤いづみ院長の話。

「私の母にも、お迎え現象がありました。末期がんであと1週間持つかどうかという時に、危篤状態になった。

その後、容態が安定した時に『お父さんが迎えに来たわ』と言うんです。こっちに来いと呼ばれたけれど、まだ行きたくないから行かなかった、と。母はその後、3年も生きました」

 

この不思議な現象はいったいなぜ起こるのか。超常現象に詳しい中部大学の大門正幸教授は、「お迎え」は日本に限らず世界中で認識されている現象だと説明する

「中世の頃の文献にも、一命を取り留めた人が『神様を見た』と証言している記録が残っています。1920年代に、アメリカのウィリアム・バレットという学者が本格的に『お迎え』の体験の収集を始め、学問としての研究が進みました」

もともと「お迎え」は、高齢者が独り言を話したり、幻覚を見たりする「せん妄」の一種と考えられてきたが、錯乱状態というには穏やかだし、お迎えを見たという人の普段の意識ははっきりしているので、別の現象と認識されるようになったという。

大門氏が続ける。

「科学的には、脳の機能がだんだん衰えるにつれて、そうした現象が見えるようになるのではないか、と言われています。

たとえば瞑想を行うと神秘的な体験をする人が多くいますが、これは目をつむり、身体を閉鎖空間に置くことで五感を遮断し、意図的に脳の機能が弱まった状態を作ることで体験するものです。

『お迎え現象』もこれと同じく、死の間際、脳の機能が弱っていく中で、通常は知覚できないものを知覚するのではないか、と考えられています」

手のひらの線が薄くなる

大門氏によると、お迎え現象は死に向かう人やそれを看取った人が遭遇する「9つの体験」のうちの一つだという

「9つの体験」とは、アメリカの心理学者レイモンド・ムーディ氏が、死から生還した150人に聞き取りを行い、その体験を分類したものだ。お迎え現象以外には、

・経験したことのないような心地よさを感じる
・部屋が歪んでいるように見える
・名状しがたい美しい音楽や声が聞こえる
・暗闇に引き込まれる
・明るい光が現れ、天に昇っていく
・神のような存在に会う
幽体離脱をする
・過去の回想シーンが流れる(いわゆる走馬灯)

といった体験が挙げられている。

このうちの一つ、「名状しがたい美しい音楽や声が聞こえる」について、看護師で僧侶の玉置妙憂氏は、ある患者の不思議な体験を明かす。

「患者さんがウトウトしている時に、パイプオルガンのような荘厳な音が頭の中に流れてきたというのです。聞いたこともない調べで、あまりに気持ちよくて、その音に引っ張られてどこかに行ってしまいそうになったと。

でも、なんだか戻ってこれないような気がして慌てて戻ってきたんだ、と。この患者さんは1週間後に亡くなられました」

 

「9つの体験」には含まれていないが、もう一つ、死の前兆と言われるのが「手鏡現象」だ。

亡くなる直前、じっと手を鏡のように覗き込んでいる人がいることからそう呼ばれるもので、前出の奥野氏も「死を前に意識がもうろうとしている中で、何かを見出そうとするようにじーっと手のひらを見つめている人がいます」と証言する。

埼玉県の私立病院に勤める医師は、こんな目撃談を明かす。

「交通事故に遭って頭を強く打った40代半ばの男性患者さんの話です。入院後、少しずつ回復に向かっていたのですが、ある日、病室に様子を見に行くと、じっと手を見つめているんです。

どうしたんですか?と尋ねると、『先生、なんだか手がおかしい気がするんですよね。歪んで見えるというか、小さく見えるというか』と答えた。

手を覗くと、確かに少し血の気がないような気はするけれど、異常があるようには見えなかった。ところが、その半月後、容態が急変して、その男性が亡くなったんです」

なぜこのような現象が起こるのか。「手をじっくり観ると、その人の体と心の健康状態が分かる。死の間際にある人は、手のひらに現れる変化を感じ取っているのでは」と言うのは、14歳の時から手相を観てきた手相観のプロ・日笠雅水氏だ。

「緊張したら手に汗がにじんだり、不安があるときは手に力が入らなかったりと、皆さんが思っている以上に、手には体の状態や精神状態が色濃く現れます。

私たちが手相を観るときも、手のひらに入っている線だけではなく、手の色や形なども総合的に観ています。手を観ていると、その人の置かれた状況が垣間見えるものです」

 

日笠氏によると、死が近づいている人の手のひらに特別な線が出てくる、というわけではないが、体が弱ってきた人の手は、全体的に柔らかくなってきて、線が細くなるといった変化が起こる

実際、日笠氏が観てきた人の中にも、手のハリがだんだん弱くなってきて、その後しばらくして亡くなった人がいるという。

「死の間際にある人は、精神や肉体面で非常に不安な状況に追い込まれています。そんなとき、本能的に手をじっと見つめて、自分と向き合う。そして、手を心のよりどころにして、静かに死を悟っていくのではないでしょうか。

死期を悟った人が本能的に手をじっと見つめるのだとすれば、その人は手を見つめながら、いろんなことを回想しているのでしょう。死を察知した脳が、人生を振り返り、幸せな死を迎えるための時間を与えているのかもしれません」

大切な人に逢えてよかった

お迎え現象や手鏡現象は、あくまで死の前兆の一つ。看取りに関わる人たちは、日々の現場で不思議な「死の前兆」を目撃している。前出の奥野氏は、こんな不思議な患者がいたことを明かす。

「『先生、私は3日後の朝6時に死にますよ』と言った患者さんがいました。なんでそんなことが分かるの?と聞いたら、『その日は大潮の日だから。潮の流れと命は一致するのよ』と答える。

実際、その3日後の朝6時に亡くなったんです。なにか自然の力と人の死がリンクしているのかな、とぼんやりと考えることはあります」

 

前出の大門氏は、「死の前兆」をハナから非科学的だと否定するのではなく、受け入れる柔軟性も必要だと説く。

「前兆現象の多くは、なぜそれが起こるのかについて、まだ議論の渦中にあります。ただ『懐かしい人が迎えに来てくれた』という体験は、死にゆく人にとっては大切なものでしょう。

看取る側も、安らかに亡くなったほうが安心できる。理由が分からない以上、なるべく前向きに捉えればよいのではないでしょうか」

前出の内藤氏も「死の瞬間には人智を超えたことが起こると理解したほうが、気持ちよく故人を見送れる」と言う。

 

ホスピスケアを学んだ人たちは『魂は肉体にさなぎのように閉じ込められている』と考えるようになります。

死の間際、肉体からその魂が少しずつ抜け出していくことで、生きている時には感じられなかったものが感知できるようになり、それが『お迎え現象』のような不思議な体験につながるのではないか、と。

本気でそう信じるかどうかではなく、そう理解して、優しい気持ちで故人を偲んであげることが大事なのです」

もしも自分や家族に死の前兆が現れたら、非科学的だと否定するのではなく、後悔しない最期を迎えるための準備を進めたほうがいいだろう

週刊現代」2019年8月24日・31日合併号より