【悲報】マヤ暦は「2019年12月21日に人類滅亡」だったことが確定! 特大ポールシフトで人類滅亡、地球崩壊へ!

 
画像は「Alien UFO Sightings」より引用

 

 紀元前3000年頃から16世紀末にスペイン人の侵攻により滅ぼされるまで、長きにわたり独自の文化を継承してきたマヤ文明。メキシコ南東部やグアテマラ一帯を中心に栄華を誇ったこの古代文明は、現代にも通用するほど高度な技術や天文学的知識を有していたことが分かっており、そこに宇宙人との関連を疑う声も根強い。

 ことに人類の滅亡予言しているとされるマヤ暦は現代人の強い関心をひいてきた。マヤ文明で用いられていた長期の暦を表す長期暦が2012年の年末頃で区切られていることから、その後の時代が断絶、つまり人類が滅亡すると指摘されてきたのだ。もちろん、2019年に生きる我々はマヤ暦の予言が大ハズレしたことを知っている。とはいえ、人類の滅亡は2012年から“始まる”という解釈もあり、完全にハズレたとは考えない研究者もいることは付け加えておきたい。

 一方、オルタナティブサイト「Alien UFO Sightings」によると、マヤ暦が指し示す人類滅亡の時はまだ来ていないと主張する研究者がいるという。マヤ暦研究者のデイヴィッド・S・モンテーニュ氏は、マヤ暦と聖書の記述から人類滅亡の時期を「2019年12月21日」と断定しているのだ。

 モンテーニュ氏によると、2012年から7年間に渡って続く動乱の時代の後、2019年12月21日に人類の滅亡が始まり、その7日後の12月28日には地磁気が反転するポールシフトが発生、自然災害があちこちで起こるという。モンテーニュ氏のウェブサイトにはその時のタイムラインが比喩的に予言されている。

 

 

画像は「Alien UFO Sightings」より引用

 

2019年12月21日、7年の時が終わり、天の結婚式が始まる。

2019年12月26日、花嫁が新郎から指輪を受け取る。

2019年12月28日、審判の日に結婚式が終わる。ポールシフトが起こり、新たな天と地球が創造される。

 にわかに信じ難い話だが、多くの他の予言者や研究も2019年に世界中で自然災害が起こりそうだと指摘している。たとえば、米国を代表するサイキックとして名高いジョセフ・ティテル氏は、2019年に「日本では大地震火山噴火」、「世界的にはカナリア諸島ソロモン諸島が沈没、大規模な 地殻変動」に注意を促している上、ブルガリアノストラダムスと言われた盲目予言者ババ・ヴァンガは、「2019年にいまだかつて経験したことがない巨大地震が起こる」、「ロシアに巨大隕石落下する」と予言している。

 フランスの科学ジャーナリストであるモーリス・シャトラン氏が計算しなおしたところ、マヤ暦が指し示す滅亡の時は2020年3月20日と予測しているが、モンテーニュ氏の予想と大きく変わらない。誤差の範囲と言えるだろう。あるいは、今年の年末からポールシフトによる自然災害が多発していき、3月20日までに人類が滅亡するのかもしれない。杞憂であることを願いたいが、平和な日々が永遠に続くとは限らない。一日一日を大切に生きていきたいものだ。

祝 20,000 アクセス達成しました。

祝 20,000  アクセス達成しました。

 

 今月のはじめに、ユーザー20、000アクセス達成致しました。

 これからも、夢ニュースブログをよろしく

 お願い致します。

                    ブログ管理人より

【未来予測】今後「30年」の間に消えるものは? → 「テレビ」「PC」「タブレット」「ICカード」「家や車のキー」

f:id:dream-kb:20190213135401j:plain

 

 あと2か月あまりで平成の歴史に幕が下りる。平成元年(1989年)とはまるっきり変わってしまった平成31年の風景。30年先には現在の生活必需品やトレンド商品も消えてしまうのでは──。『平成トレンド史』の著書があり、若者文化や流行に詳しい、サイバーエージェント次世代生活研究所の原田曜平・所長が予測する。

 * * *
 今の若者の日常にはスマホが浸透し、パソコンの必要性はどんどん少なくなってきています

 彼らはフリック入力スマホ画面を見ずメールが打てる。キーボード入力するパソコンは近いうちになくなるでしょう。また、大画面をありがたがる若者も減っている。大型テレビ、もしかしたらタブレットすら必要とされなくなる。

 現在、大ヒットしているワイヤレスイヤホンも消える可能性大。骨伝導技術の発達で、再生機を持ち歩くだけで音楽を聴ける時代がくるのでは。SuicaなどICカード、家・車のカギも、顔や指紋や体温など本人認証技術の発展次第で消えてしまうかもしれない。

 生まれた時からスマホに親しんでいる世代が作る未来は、想像もつかないものになるでしょう。

国家公務員の給与、5年連続引き上げ決定…民間平均より「246万円」も高い

f:id:dream-kb:20190213134020j:plain

                                     安倍晋三首相(写真:日刊現代/アフロ)

 

 11月28日、2018年度の国家公務員の給与とボーナス(期末、勤勉手当)を民間企業と同程度に引き上げることを盛り込んだ改正給与法が参議院本会議で与野党の賛成多数で可決され、成立した。


 8月の人事院勧告に従うかたちで、月給は平均655円(0.16%)増、ボーナスが0.05カ月増の年間4.45カ月分にそれぞれ引き上げられる。増額分は4月にさかのぼって支給され、平均年収は3万1000円増の678万3000円になるという。月給、ボーナスともに引き上げは5年連続だ。

 

 今国会では出入国管理法改正案や水道法改正案に注目が集まっているが、一方で国家公務員の給与アップが決定したことに対して、これで消費税を上げるの? まずは歳出を削る努力をすべきでは」「民間に合わせるというなら、大企業ではなく中小企業も入れて考えるべき」「こういうことはすんなり決まる。与野党仲良く可決ですか」「借金大国なのに、公務員の給料上げて五輪やって万博やって……財政どうなっちゃうの?」という声があがっている。

 財務省の発表によると、国債や借入金などを合わせた「国の借金」は18年3月末時点で1087兆8130億円で過去最高を更新している。国民ひとり当たりに換算すると、約859万円の借金を抱えている計算だ。財政赤字は来年10月に控える消費税率10%への引き上げの大義名分でもあるが、そんななかで国家公務員の給料が上がることに納得できない人が多いようだ。

 また、人事院は国家公務員の給与水準について「民間企業従業員の給与水準と均衡させること(民間準拠)を基本に勧告を行っています」としているが、ここでいう「民間」とは「企業規模50人以上かつ事業所規模50人以上の事業所」のことで中小零細企業は含まれていない。

 では、民間企業の給与を見てみよう。東京商工リサーチの調査によると、17年決算の上場2681社の平均年間給与は599万1000円(中央値586万3000円)で、前年の595万3000円から3万8000円(0.6%)増えており、11年の調査開始以来6年連続で前年を上回ったという。ただし、これは大企業の話だ。

 背景には、安倍晋三政権がデフレ脱却のために企業への賃上げ要請を繰り返しており、日本経済団体連合会経団連)加盟企業がそれに応じているという構図がある。さらに、大企業の賃金アップに追従するように国家公務員の給与も上がっているわけだ。

 一方、国税庁の「民間給与実態統計調査」を見てみると、17年の平均給与は432万円(前年比2.5%増)で、男女別では男性532万円(2.0%増)、女性287万円(2.6%増)となっている。正規・非正規について見ると、正規494万円(1.4%増)、非正規175万円(1.7%増)だ。これは、従業員1人以上の事業所とすべての給与所得者が対象となっているため、より実態に近い数字とされている。国民感情としては、「民間に準拠するというなら、こちらに合わせろ」というわけだ。

 同調査の平均給与と国家公務員の平均年収との間には246万3000円もの差が生じており、「女性ひとり分に近い」「非正規を雇ってお釣りがくる額」と波紋を呼んでいる。

 これらの数字を見る限り、まずは社会問題化する非正規の100万円台という低収入をどうにかすべきだと思うのだが……。

公務員は「老後のお金」を心配しなくても良い?

f:id:dream-kb:20190213133132j:plain

 

◆定年後も安泰な公務員?現役時代の資産形成に関心が薄い人も
先日、公務員の友人と食事をしました。以前は確定拠出年金に加入できなかった公務員も、iDeCoが登場して加入できるようになりました。当然、関心があるだろうと思い、「iDeCo、加入した?」と質問してみたところ、返ってきた答えは、

「ん?なにそれ?」

公務員も大勢いますから、私の友人1人がiDeCoについて知らなかったからといって、他の人も知らないとは限りません。ただ、あまりにも関心がなさそうだったので、逆に興味が出てきて、さらに「老後のお金の心配はないの?」と聞いてみました。

そうしたら、まったく心配していないとのこと。


追い打ちをかけるように、「そんなに貯蓄できたの?」と突っ込んでしまいました。

「う~ん、子供が3人いるから教育費がかさむし、マンションも分譲を買ったし、老後のお金といっても、そんなに貯蓄できているわけではないよ」。

貯蓄できていないのに、なぜこうも余裕なのでしょう。彼は今52歳。定年まであと8年です。

「公務員の定年って、今は60歳だけど、2019年度から段階的に引き上げられて、俺が定年になる頃には65歳になっているでしょ。で、65歳になってからも希望すれば嘱託とかで働けるし。働いている限りは給料が入ってくるから、老後のお金は心配しなくてもいいんだよ」。

「なるほど。やっぱり公務員って恵まれているんだね」と納得してしまいそうになったのですが、ちょっと待て。それはあなたが働き続けられれば、という前提条件の話じゃないの?

【関連】公務員は老後のお金を心配しなくても良いのか >>

 

◆いつまでも健康で働けるとは限らない
確かに、働き続けることができれば、収入は得られます。いずれ、公的年金の支給開始年齢は、有無を言わさず70歳に引き上げられるでしょう。健康に70歳まで働ける環境があれば、それはとても強いわけですが、問題は健康に支障を来して、働けなくなるケースも想定されることです。

ちなみに生涯に費やす医療費のうち、半分は70歳未満で、残りの50%は70歳以降で消費するという統計が、厚生労働省から出されています。誰もが70歳以降の人生のほうが短いわけですから、70歳未満までの医療費とほぼ同じということは、それだけ70歳以降は、誰もが病気がちになることを意味しています

したがって、「65歳以降も働けるから、老後のお金は心配しなくても良い」というのは、間違った考え方なのです。健康に支障を来し、働けなくなったとしても、安心して生活できるだけのお金を作る必要があります。

公務員がiDeCoに加入した時の掛金上限額は、月額1万2000円です。52歳から積立を始め、年3%で運用できたとしても、60歳で積立期間が終了した時にできるお金は約130万円。正直、大した金額ではありませんが、それでもゼロよりはマシです。20代、30代の若い公務員の方なら、さらに大きく資産を増やせます。

「できれば70歳まで働きたい」というのは、誰しも思うことです。が、病気などでそれが叶わなくなるリスクもありますから、そのリスクを想定して、貯められるうちにできるだけ老後のお金を作っておくのが肝要です。

天体は「二つの平たいパンケーキ」? 冥王星の先で米探査機観測

f:id:dream-kb:20190213132127j:plain



    米航空宇宙局(NASA)は8日、無人探査機ニューホライズンズが1月に撮影した天体ウルティマトゥーレは、大小二つの球からなる「雪だるま」状とみられていたが、新たに届いた観測データを分析した結果、平べったい「パンケーキ」が二つくっついたような形とみられると発表した。


 NASAのチームは「こんな形の天体は太陽系で見たことがない。どうやってできたのか、新たな謎だ」としている。
 全長約30キロのウルティマトゥーレは冥王星よりも先にあり、探査機が訪ねた最も遠い天体。探査機は1月1日に3500キロまで接近し、現在はさらに遠くへと飛行を続けている。(共同)

電流でビビビッと傷を4倍早く治す「電子ばんそうこう」爆誕へ! もはや湿潤療法も時代遅れ!

 傷を早く治し、しかも傷痕をなるべく残さない、というのは万人の願うところだろう――。


電流を流して傷を治す“電子ばんそうこう

 医療現場における新しいアプローチとして、ここ10年ほどで湿潤療法が一般的にもかなり浸透してきたのは記憶に新しい。湿潤療法とは従来のガーゼを当て、消毒薬による消毒をするという治療に代わり、消毒をせず、かつ創傷部を乾燥させず、ガーゼの代わりに被覆材(ドレッシングフォーム)を使用するという異なるアプローチによる治療法のことだ。

 ばんそうこうタイプの多くの類似製品が販売されているので、常備している家庭も多いのではないだろうか。治療経過もよく画期的な療法であるが、最新の報告によると傷が回復するまでの時間をなんと4倍も短くする治療法が現在研究中だという。

 米ウィスコンシン大学マディソン校の若き研究者イン・ロン氏が主導するチームは今回、ごく微量の電流を発生させる“電子ばんそうこう”を使用した研究成果を発表した。

電流でビビビッと傷を4倍早く治す「電子ばんそうこう」爆誕へ! もはや湿潤療法も時代遅れ!の画像1
BBC」の記事より

 彼らは背中に切り傷を負ったラット(大型ネズミ)に、これを包帯状にしたものを巻いて経過観察を行い、ラットが呼吸をするたびに電気パルスを発生させた。すると、皮膚の結合組織を構成する細胞の1つでコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった真皮の成分を生産する線維芽細胞が傷口とその周辺につくり出されたという。つまり、この方法により治療プロセスの回復速度を大幅に短縮することが判明したのである。

 アメリカでは治癒の可能性が低い糖尿病性足病変や下肢潰瘍、手術痕に悩まされる人々が毎年新規に650人以上も増えているといわれるが、実は血流を押し上げて新しい組織の成長を促すために電流を用いる治療は、1960年代より認められている

電流でビビビッと傷を4倍早く治す「電子ばんそうこう」爆誕へ! もはや湿潤療法も時代遅れ!の画像2
Daily Mail」の記事より

 だが、複雑な操作を要する電気機器類は個人では扱いにくく、基本的に病院向けであったために、これまで一般的には浸透してこなかった。

 

さまざまな皮膚疾患の改善に役立つ

 今回チームは電子ばんそうこうにさらに改良を施し、電流を自己出力できるタイプを製作し、背中に1センチの傷をつけた複数のラットに貼ってテストを行った。

 バンドに電流を流したグループと、電流をあえて止めて流さなかったグループとの二種類に分けて比較観察を繰り返したところ、電流を流したグループの方は2日でほぼ治りかけており、3日以内には完全に傷がふさがったことを確認した。他方、電流を流さなかったグループは、3日経過してもうち46%がまだ傷が開いたままであった。

 研究者らによると、電流を流さない場合は傷が治るまでには10~12日を要したという。実験の画像を見る限り、その差は一目瞭然である。ちなみにこの“電子ばんそうこう”はラットに副作用を与えることがなく、安全であることも確認されたとのこと

電流でビビビッと傷を4倍早く治す「電子ばんそうこう」爆誕へ! もはや湿潤療法も時代遅れ!の画像3
Daily Mail」の記事より

 また実験で発生した電流は低レベルであったため、動物が痛みや不安を覚えることはなかったという。 今後この研究を進めていくことで包帯や湿潤療法、酸素療法といった既存の治療方法に代わり、近い将来に水痘傷痕やニキビ痕、酒(しゅ)さなどの皮膚疾患の改善に役立てることに意欲を燃やしている。

 傷痕の治療に関する医療分野は世界でも関心が高く、イギリスでも昨年末に初の研究センターが開設されたばかりだ。バーミンガムのクイーン・エリザベス病院内に設置されたその施設では、酸攻撃(アシッド・アタック)の被害者や負傷した兵士などを対象に、レーザー治療を用いて創傷治癒のスピードアップと改善を図っていくという

 いずれにせよ、実現すればかなりの需要が見込まれる今回の研究だけに、ぜひ1日も早く実用化にこぎつけてほしいものである。