宇宙人は数千年前から何度も地球を訪問しており、冷戦時代に混乱を招いた(カナダ元国防大臣)

 「宇宙人数千年にわたり地球に訪れ続け、冷戦時代に混乱を招いた要因だった」そう語るのはポール・ヘリヤー氏だ。

 ヘリヤー氏はカナダ、オンタリオ州出身で、航空工学を学び、第二次世界大戦にも軍人として参加した今年94歳になる、生き字引とも言える工学者であり、カナダの元国防大臣である。

 ヘイヤー氏によると地球を訪れた宇宙人は4種族存在し、現在でも軍の機密情報として彼らの存在が議論に上がっているという。

 また、宇宙人は1960年代の冷戦時代、軍と共謀して、世論や戦争情勢をコントロールしていたと暴露した。

【冷戦時代に目撃が多発したUFO、そこには宇宙人の存在が】

 ヘリヤー氏は2005年、UFOの存在を公式に発表。以来、シチズンズ・ヒアリング ディスクロージャー会議にも積極的に参加し、UFOと宇宙人の情報を提供し続けている。

 ヘリヤー氏によると、1961年代の冷戦時、ロシアとヨーロッパ西部でおよそ50の未確認飛行物体が目撃されたそうだ。

 その時の軍部はUFOが北極の方に向けて消えていったのを見て驚愕したという。その後3年にわたり国防省はUFOの出所を調べた。その結果、UFOを操縦していたのは、人類とは「別の種族」によるものだと結論づけたという。

【宇宙人には確認されているだけで4つの種族がいる】

 宇宙人は、その種族によっては穏やかだが、攻撃的な種族もいるという。ヘリヤー氏はそのうちの、プレアデス星団の一つに母星がある宇宙人を知っているという。
 

8惑星持つ恒星系、AIで発見 太陽系と並び最多、NASA

【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)は14日、同局のケプラー(Kepler)宇宙望遠鏡と人工知能(AI)により、太陽系と同数の8惑星を持つ恒星系を発見したと発表した。

 

 この恒星系は地球から約2545光年離れた「ケプラー90(Kepler 90)」。NASAの声明によると、1つの恒星を周回する惑星の数としては、太陽系と並んで観測史上最多という。だがこれら8惑星の中に生命が居住可能なものはないとみられる。

 新たに発見された惑星「ケプラー90i(Kepler-90i)」は地球と同じ岩石惑星だが、恒星との距離が非常に近いため、その平均表面温度は400度を超えると考えられている。

 NASAは、グーグル(Google)の機械学習システムを用い、ケプラー宇宙望遠鏡が集めた3万5000個もの膨大な信号データを精査し、惑星通過の兆候を探すことで、ケプラー90iを発見した

 

「火星の土」でミミズが繁殖、初の成功、NASAの模擬土

f:id:dream-kb:20171214112014j:plain

火星で農業は営めるか、土の改変を目指す研究者の挑戦

 私たちの地球に生命が存在しているのは、様々な条件がそろっているからにほかならない。そのうちのひとつが土である。そこでは、豊富な養分や細菌、菌類が複雑に混じり合っており、植物の成長を助ける。対して、火星の土では生命が見つかっておらず、人体には毒となりうる物質が多く含まれることがわかっている。

 人類の火星への移住を目指して競争が繰り広げられるなか、たどり着いてからどうやって生きるか、そして食べていくかが大きな課題となっている。火星で持続的に作物を育てることは可能だと科学者は考えているが、そのためにはまず火星の土壌を作り変えなければならない。オランダのワーヘニンゲン大学の生物学者であるビーガー・バーメリンク氏は、ミミズがそれを手伝ってくれるという。

 2013年からこの研究を続けるバーメリンク氏は、火星の土に似せて作られたNASAの模擬土を使って実験を行っている。その土のなかにできたミミズのコロニーで、最近2匹の子ミミズが誕生した

 今回の成果は、ミミズが火星の土壌を再現した土で生きられるというだけでなく、繁殖も可能だということを意味している。地球上ではミミズは農業に欠かせない存在だが、研究者は、いつの日か他の世界でも同じことが可能になるかもしれないと期待している。

ミミズはえらい

 火星で農業を実現するには、作物のいかなる部分も無駄にはできない。ミミズは、植物の茎や葉などを分解する働きを担う。それが、次に作物を育てるための栄養になる。他にも、土のなかにできたミミズの通り道は、植物の根へ水が均等に行き渡るのを助ける。

ミミズは土の上にある有機物を食べ、細かく砕き、排泄します。すると、細菌がそれをさらに分解します。ミミズがいなければ、土の栄養は底をついてしまいます」と、バーメリンク氏は説明する。

「火星では、何も失うわけにはいきません」

 研究はごく初期の段階にあり、まだ火星の環境を完全に再現することもできていない。ミミズの排泄物を栄養に変えてくれる細菌は、バーメリンク氏の研究室では特に何もしなくても自然に現れたが、火星ではそうはいかない。

 また、この実験では土に豚糞のたい肥を加えて窒素の量を増やしていたが、火星では人糞を滅菌して使わなければならないだろうという。

 映画『オデッセイ』のように、火星で作物を育てることが本当に可能なのかを確かめるには、火星にできるだけ近い環境を再現する必要がある。そのためには、より正確な土のサンプルが必要だ。

 NASAの大型宇宙ロケット打ち上げ計画であるエクスプロレーション・ミッション1を率いる宇宙生物学者のトレント・スミス氏は、宇宙で野菜を育てる野菜栽培装置の開発中に、「マーズ1A」と呼ばれる特殊な土の作成に関わった。バーメリンク氏やほかの研究者は、これを基に作られた火星の模擬土を使って実験している。

植物の受粉はどうする?

 スミス氏は、火星の画像のスペクトル解析を基に、かなり正確に火星の土を再現できたとしているが、まだ火星の土に存在する過塩素酸塩類が欠けているという。これは地球の自然界にも存在し、工業的にも製造されているものの、火星の模擬土のなかで正確に再現させることにはまだ成功していない。

 微生物は過塩素酸塩のなかでも十分に生存でき、それが含まれた土で植物が育つ可能性はあると、バーメリンク氏とスミス氏は言う。しかし人体には有害で、体内に入れたり、その土で育てられた作物を食べると死に至ることもある。大量の過塩素酸塩にさらされたミミズのほとんどが死んだという研究もある。

「植物の研究は、過塩素酸塩の問題をクリアできたと仮定して行われています」と、スミス氏は語る。バーメリンク氏もスミス氏も、火星での持続可能な農業に向けて最大の壁になっているのが、過塩素酸塩の存在という点で一致している

 ほかにもバーメリンク氏は、現在の火星の過酷な土に最も適応できそうな細菌や菌類を研究する予定だ。それを乗り越えても、さらなる障壁が立ちはだかる。植物の受粉をどう助けるかだ。今は研究者が小さなブラシを使って手作業で授粉しているが、火星でやるには手間がかかりすぎる。

 火星に連れて行けそうな授粉を媒介する生物を聞いたところ、バーメリンク氏の返答は「マルハナバチかもしれないとにらんでいます」だった。

GoogleのAIが自力で「子AIの作成」に成功、しかも人間作より優秀

シンギュラリティが始まったようです。詳細は以下から。

人間を越える人工知能が現れ、自らの力で新たな人工知能を作り上げてゆく未来シンギュラリティ(技術的特異点)と呼ばれる時系列的な瞬間は2045年に起こるとされていましたが、既に私たちはその領域に足を踏み入れていました。
Google Brainの研究者らが「自らの力で新たな人工知能を作り上げるAI」であるAutoMLの開発に成功したと発表したのが今年2017年5月のこと。そしてこの度、AutoMLが作り上げた「子AI」はこれまで人類が作り上げたAIよりも優れた性能を持っていたのです。
Googleの研究者らは「強化学習(reinforcement learning)」と呼ばれる手法を用いて機械学習モデルのデザインを自動化。AutoMLは子AIが特定のタスクへの対応力を発展させるためのニューラルネットワークの制御装置の役割を担います。
今回のNASNetと名付けられた子AIはコンピュータ視覚システムで、リアルタイムの映像から人間、車両、信号、ハンドバッグ、バックパックなどを自動で認識します。

 

AutoMLはNASNetの性能を査定してその情報をNASNetの改善に用います。この行程を何千回も繰り返します。研究者らはImageNet image classificationとCOCO object detectionという2つの巨大画像データベースサイトで実験を行いましたが、NASNetはこれまで人類が作り上げたどのコンピュータ視覚システムよりもよい成績を収めました。
NASNetの正答率は82.7%に及び、これまでで最も正答率の高かった人類作のAIよりも1.2%上回っています。また、平均適合率の平均は43.1%となり、4%能率的となっています
NASNetのこうした能力は自動運転車の安全性上昇や、視覚障害者向けの補助ロボットの開発などに大きな役割を果たすと考えられています。もちろん顔認識機能の性能もアップするわけですから中国のAI犯罪者追跡システム「天網」のような監視システムの性能強化も期待されます。
NASNetはコンピュータ視覚システムという限定されたタスクを行うAIですが、10月にBUZZAP!が報じた「AlphaGo Zero」も「強化学習」を用いて囲碁の基本ルール以外を全く教えない白紙の状態からこれまでの人類の編み出した打ち手のデータを用いず、わずか3日間で従来型「AlphaGo」に100勝0敗で完勝したばかり。

 

今後も諸分野で人間が作ったよりも高性能なAIをAIが自ら生み出していくという事例が増えてきますし、まさにそれはシンギュラリティそのもの。つい先日サウジアラビア市民の人型ロボットSophiaが「家族や子どもが欲しい」と発言したばかりですが、「AIの子作り」はもはやSFの世界の話ではなく現実に起こっています。

 

木曜深夜にNASAが超重大・緊急発表!! 「ケプラー宇宙望遠鏡」が宇宙人のメッセージ受信、AIが解読成功の歴史的快挙か!?

f:id:dream-kb:20171214110324j:plain

 アメリカ航空宇宙局NASA)が12月9日(現地時間)、突如として全世界に向けて衝撃的アナウンスを行った。なんと東部標準時14日の午後1時(日本時間15日午前3時)より緊急会見を開き、ケプラープロジェクトが成し遂げた歴史的発見について急遽報告するという。会見の模様はオンラインでリアルタイム配信される予定だ。

■世界中のメディアが注目、地球外生命体を発見か!?

ケプラー」といえば、2009年に打ち上げられたNASA最新の宇宙望遠鏡にほかならない。その名は、惑星の運動に関する法則を発見した天文学者ヨハネス・ケプラーに由来し、地球の衛星軌道上ではなく、太陽周回軌道上に投入された。究極のミッションは、人類の移住先候補となる太陽系外惑星を見つけること。現在は「K2」と呼ばれるミッション第2段階にあり、すでに2500以上の太陽系外惑星を発見――。そんなケプラーによる歴史的発見とあれば、「ついに地球外生命体を発見したのか」「“第2の地球”が特定されたか」と海外メディアがざわつく現状も頷ける。

■発表内容を紐解くカギはグーグル製AI

 14日、いったいどんな衝撃的事実が明かされるのか? 緊急会見の告知アナウンスには、当日の発表内容を予想するいくつかの手がかりが含まれている。NASAによると「今回の発見は、ケプラー宇宙望遠鏡人工知能(AI)との協働による成果」であるとのこと。 

また、発表に立ち会う科学者として、NASA本部の天体物理学者ポール・ヘルツ氏や同エイムズ研究センターの科学者ジェシー・ドットソン氏らとともに、米・グーグルのAI部門でシニアソフトウェアエンジニアを務めるクリストファー・シャルー氏が名を連ねている点も見逃せない。

 さらにもう一点、NASAが緊急会見の告知アナウンスと同日に宣言した“ある方針”にも注目が集まっている。その中でNASAは「今後の宇宙探査ではAIをさらに活用」し、「スペースコミュニケーション分野でも積極的に用いていく」ことをアピールしている。もっとも、海外メディア「INQUISITR」によると、この“スペースコミュニケーション”とは衛星をコントロールしたり、そのためのデータを送受信するシステム全般を指すものであり、AIの活用によってすべてがよりシームレスに、リアルタイムで行えるようになるという主旨のようだが、それにしても何とも思わせぶりな表現ではないか。


 以上の事前情報から察するに、やはりケプラーが地球に送ってきたデータに、何らかの重要な事実が含まれており、グーグルのAI技術を活用することで解析に成功した可能性はありそうだ。それが地球外生命体からのメッセージであり、初めて人類と地球外生命体との間で“スペースコミュニケーション”が図られたのかもしれない。昨年NASAは、「スピッツァー宇宙望遠鏡」が約40光年彼方の「TRAPPIST-1(トラピスト1)」系に地球型の惑星が7つも存在していることを発見し、やはり大々的に発表している。もはや、この地球が“奇跡の星”などではなかったことが明確になった現在、人類と地球外生命体との邂逅は秒読み段階にあると考えることもできるが……すべての真相はあと数日で明らかになる

人類の約半分が宇宙人の存在信じる、接触も希望=世界規模調査

 

アムステルダム 8日 ロイター] - 世界24カ国で2万6000人超を対象に実施された調査で、人類の約半分が地球外生命体の存在を信じており、接触したいと考えていることが分かった。調査結果は、映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」封切りの直前に発表された。

 

調査を行ったグローカリティーズの研究者らは、「スター・ウォーズ」シリーズの人気が40年間衰えていないことの背景ともみている。

調査では、回答者の47%が「宇宙に知的な宇宙人の文明が存在する」と信じていると回答。「他の惑星に何らかの形の生命体が存在する」と信じているとの回答は、さらに多い61%だった。宇宙人の存在を信じていた回答者のうち、宇宙文明との接触を試みるべきとの回答は、全体の60%。

一方、地球外に知的生命体が存在するとは思わないとの回答は、約25%だった。

研究者らは、今回の調査は世界的に行われ、類似のものの中でも最大規模となったと指摘。研究主任のMartijn Lampert氏は「知的宇宙人文明の存在を信じる回答者の割合の高さと、宇宙人に対する特殊なイメージは、スター・ウォーズのような宇宙映画の絶大な人気を支える要素の1つといえる。知的宇宙人文明の存在を信じる人は、一部少数派ではない」と述べた。

宇宙人の存在を信じるとした回答者の割合が最も高かったのはロシアの68%。メキシコと中国も僅差の割合。もっとも低かったのは、オランダの28%だった。

調査は2015年12月から16年2月にかけて15カ国語で実施。対象国は世界人口の62%、国際経済の80%をカバーする規模となった。

【UMA】ヒマラヤ山脈にいるとされる伝説の生物「イエティ」の正体は「ヒグマ」だった…大量にあるイエティの遺物から遺伝学的調査で判明か

雪男」の正体はやはりクマだった──。ネパール・チベット間のヒマラヤ(Himalaya)一帯に住むと言い伝えられ、雪男とも称されてきた未確認動物「イエティ、Yeti」について、米研究者らがこれまでイエティのものとされてきた遺物の広範な遺伝学的調査を行い、それらが実は複数のクマのものだったことを突き止め、29日、学術誌に発表した。長らく信じられてきたイエティ神話を打ち砕く研究成果となった。